◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 | 2017/08 | 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
二之席終わった。
連日おもかった。
お客様は詰めかけていただいているのだけれど、いつもと雰囲気が違う。
したがって、とても勉強になる。
いつまでたっても修行である。

ある日、中入り休憩時の客席ロビーの光景を見て、はっと気がついた。
いつかどこかで見た風景である。
客層やお客の雰囲気は、確かにいずこかで目の当たりにしたことがある。
そうなのだ、昨年数軒がすべて閉館になった浅草の名画座のロビィの雰囲気にそっくりなのだ。
六区に何軒か、かろうじて残っていた三番館劇場が閉館となり、行き場のなくなってしまったお父さんたちが寄席に流れて来ていると私は確信する。

昨日は打ち上げでビールをいただいた。
久しぶりのビールは味がよくわかり、うまい。
だが少し飲み過ぎたか胃腸が弱る。
ビールはやはり自分には少し重い飲み物。
発泡酒や新ジャンルのほうが身体に負担が少ない。
不思議なものだ。

自分に合う酒は、まず純米系の日本酒。
あるいは一升瓶2000円以上ならばまず悪酔いしない。
焼酎ならば乙類、いわゆる本格焼酎というやつ。
したがって居酒屋チェーンの酎ハイなどは、あとで必ず負担が来る。
ウィスキーは癖の強すぎるバーボン以外なら何でもいただくのだが、飲み過ぎてしまう危険が伴う。
ウィスキーって、酔うよりも頭がハイになるので依存症に注意してます。
韓国産のチャミスル、マッコリはどれもいい。
ワインについては、快くなるか悪酔いをするか、銘柄によって飲んでみなければわからないのだ。
酒の研究はつづく。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://emba.blog7.fc2.com/tb.php/1240-6d12d647
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。