◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 | 2017/08 | 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
昨日は千葉落語道場研究科の第一回目。
道場も受講生が増えたのでクラスを増やした。
研究と言っても、かしこまったわけでなく、いつもと同じような内容。
だいたい研究などというものに、あてになるものはない。
地震や原発を長年研究していた連中が、いかに役立たずか世の中の人間はわかったのだ。
とくに落語を研究するなどとんでもない。
落語研究家なるものがいたら、そいつは落語家以上に世間に認められないだろう。

で、なぜ研究科と名うったかと言うと、別にたいして意味はない。
研究はつまり、いい加減と言うか、肩肘張らないでやれるよう、表向きは堅苦しいが、内容はユルユルという、実に落語的でよろしいかと思い、そうしました。

ちなみに、今までのクラスは養成科にした。
これも全く養成などするつもりもなく、プロの排出など有り得ない、つまりシャレと逆説、皮肉で名前をつけています。

研究科を困窮科かポン究科、養成科を余生科にしてもよかったけど。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://emba.blog7.fc2.com/tb.php/1167-c935e7d5
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。