◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12 | 2013/01 | 02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
落語会、寄席の後の打ち上げがつづいたので、昨日は休肝日。
飲まないとかえって血圧が上がったりするから、人間の身体は不思議。
ハリソン、フォードの潜水艦の映画を見て気を紛らした。
先日はグリーンディスティニーをようやく通しで見る。
タランティーノ、ブラット・ピットの戦争物、あれ何度も見ちゃう。
地下のバーのシーン大好き。
こないだ見たブロークバックマウンテンの山で羊の群れのところ、あの撮影が美しかった。
あの山は、8月でも雪が降り積もるのには驚いた。
スポンサーサイト
二之席終わった。
連日おもかった。
お客様は詰めかけていただいているのだけれど、いつもと雰囲気が違う。
したがって、とても勉強になる。
いつまでたっても修行である。

ある日、中入り休憩時の客席ロビーの光景を見て、はっと気がついた。
いつかどこかで見た風景である。
客層やお客の雰囲気は、確かにいずこかで目の当たりにしたことがある。
そうなのだ、昨年数軒がすべて閉館になった浅草の名画座のロビィの雰囲気にそっくりなのだ。
六区に何軒か、かろうじて残っていた三番館劇場が閉館となり、行き場のなくなってしまったお父さんたちが寄席に流れて来ていると私は確信する。

昨日は打ち上げでビールをいただいた。
久しぶりのビールは味がよくわかり、うまい。
だが少し飲み過ぎたか胃腸が弱る。
ビールはやはり自分には少し重い飲み物。
発泡酒や新ジャンルのほうが身体に負担が少ない。
不思議なものだ。

自分に合う酒は、まず純米系の日本酒。
あるいは一升瓶2000円以上ならばまず悪酔いしない。
焼酎ならば乙類、いわゆる本格焼酎というやつ。
したがって居酒屋チェーンの酎ハイなどは、あとで必ず負担が来る。
ウィスキーは癖の強すぎるバーボン以外なら何でもいただくのだが、飲み過ぎてしまう危険が伴う。
ウィスキーって、酔うよりも頭がハイになるので依存症に注意してます。
韓国産のチャミスル、マッコリはどれもいい。
ワインについては、快くなるか悪酔いをするか、銘柄によって飲んでみなければわからないのだ。
酒の研究はつづく。
東京は大雪に見舞われながらも大して寒くない。
毎年、冬のソウルの寒さにしごかれているから、ちょっと物足りない。
ソウルの寒さは正に郷愁を誘う。
昔の東京はもっと寒かったから、どことなく懐かしい。

昨晩は雪見酒などと理由づけて、ちと飲み過ぎた。
日本酒を冷やで随分いただいた。
昨夜はいくら飲んでも酔いの廻らない万全の体調だったけれども、お腹を冷やしてしまったらしい。

昨日は財布をなくしてしまった。
現金にキャッシュカードが入っいた。
家の中を大捜索したが見つからない。
ゴミと一緒に棄ててしまったかも知れない。
今朝、銀行に電話してカードを止めてもらう。

もー一度、念のためと捜索。
部屋の隅の物入れの後ろから発見。
実にどうも、やれやれであります。

今朝は早起きしなくてはならないのを忘れて寝過ごしていたら、金縛りになって目が覚めた。
一月ほど前にも金縛りになったから、ここのところつづく。
今住んでいるところに越して来てから金縛りに随分あう。
だいぶ慣れっこのようなのだが、やはりそのときは苦しい。
某県のホテルに泊まったときは起きているときに金縛りなる。
一体、正体はなんなのか。
そんなことより、寄席は二之席浅草。
2月21日の御徒町ダイヤモンドライン公演の準備に取り掛かります。

大須で江戸噺は4月3日から7日まで大須演芸場昼夜公演。
4月30日の昼は日本橋亭にて圓馬招演会、午後1時からの開演。
ちょっと先に行きまして、10月29日の夜、北とびあつつじホールにて、第二回北とびあ圓馬独演会。
12月の大須公演は12月6日から8日まで三日間昼夜。
今のところ決まっている独演会、落語会、勉強会です。
随時決まり次第にお知らせしたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

雪みちで転んだり、お財布をお無くしになりませんよう願っております。

落語教室は新年の初日。

終わって年賀状書いて俳句作ってとなかなか捗らない。
賀状は昨年より早く書き終えそうなのだが。
これが終われば新根多に取り掛かろうというところ。
2月のダイヤモンドラインでねたおろしをしたい。
国立演芸場にて6月に独演会をと計画したのだけど、会場スケジュールのあきがない。
となると何月にすればよいのやら。
10月は北とぴあの独演会が決まっているし。
粛粛と考えてやっていきます。

今日はもう年賀状川書きデー。

池袋演芸場と末廣亭を掛け持ちだから副都心線を利用。
広小路亭の夜はお客さんが極端に少ないようだ。

昨日は初詣。
地元神社を二社巡りお祓いを受けます。
今年は御神酒の量が少なかった…そんなことはどーでもいい。
願掛けの石が昨年より軽く持ち上がったので、今年願ったことが少し成功に近づいかも。
とはいっても神様にばかり頼っちゃいけない。

本日は池袋のあとに新宿に向かいます。
合間に遅い昼食いただきます。

結局、日本酒飲んでしまいます。
食べ過ぎ飲み過ぎ注意して。
あけましておめでとうございます。

今年はどういうわけか元日の非日常的な雰囲気が感じられず、殊勝な心持ちも湧いてこないので、どうしたものかと不思議に思い、かと言って医者に行くほどのことでもないので、まあいいかとほったらかしたような正月を迎えました。

元旦は師匠宅に集まり新年の挨拶。
おせちにお雑煮いただきました。
晦日に食べ過ぎて太ったままなので控えめに。
とはいえ、おとその代わりに熱燗をいただく。

家に帰りバタバタと支度して池袋に出演。
ほぼ満席でした。

とにかく年賀状書いて、あとは俳句つくらねば。

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。