◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
01 | 2012/02 | 03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--


22日が太田公演。
23、24日と浅草に出演し25日が市原寄席。
きらりさんと二人会。
市原寄席は前回よりも雰囲気が良くなった。
だけど入場者が前回より減った。
次回満員になることを願う。
スタッフとなり、お手伝いをしてくれた千葉道場生に感謝。
次回はより盛り上げていきたいです。
打ち上げ遅くまでお付き合いいただいたきらりさん、ありがとうございました。
これに懲りずにまた出てね。
打ち上げでビール、焼酎、泡盛で飲み過ぎ。
その後バーで水割り。
途中、寝たようです。
終電で帰宅。

26日は八千代台で公演。
毎年恒例の寄席。
お客さん超満員。
夕べの飲み過ぎも難ともせず落語ニ席。
終えてから打ち合わせと打ち上げ。
秋田の純米酒をいただく。
旨い。大好きな銘柄。
お酒と結構なお料理をいただいた上に、仕上げに鰻重をいただいた。
食べ過ぎ。

仕事はこつこつとやるのだが、一週間ばかり前から腰痛が出てしまった。
原因は疲れ、ストレスか。
年齢とともに、身体のあちこちから痛みが出てくるものだ。
風邪は良くなったのかも知れないけれど、後遺症というか高座で延びのある声がまだ出ないね。
明日は朝早いけれど、家でやることが。
スポンサーサイト
昨日は千葉落語道場研究クラス。
今日は群馬太田での公演。

昨日は終えてから打ち合わせ。
ホテル内で中華をいただきました。
そのあとバーにて別件の打ち合わせ。

それから仕上げにラーメン食べちまいました。
ちょっと飲み食べ過ぎ。
でした。


日が暮れるとやはり寒い。
昨日は埼玉県で公演。
池袋から電車で鶴瀬。
懐かしい。
地域公民館ホールでの寄席。
会場はこじんまりとしているものの、超満員に膨れ上がる。
近頃の落語会は大ホールの独演会や二人会より、地域コミュニティによる地域密着型の寄席が好まれる。
また景気の関係から、大きなホールで高い入場料金はお客さんに負担を強いる。
内容もコストに見合わないことがあるそうだ。


大須公演4月のチラシもそろそろ仕上がる頃だ。
タイトルには第何回の理は入れず、大須で江戸噺2012とした。
秋公演は、これに秋とつけることにした。


次回の圓馬社会人倶楽部は、5月21日の開催が決まった。
日本橋亭、夜6時30分より開演。

明日からは浅草演芸ホール下席出演。
交互出演なので、出演日は23、24、27、29日。
夜7時が出番です。

3月1日から5日までは、池袋演芸場夜の部主任です。


昨日は御徒町ダイヤモンドラインの公演。
私と二つ目三人の会も12回を迎える。
寒さとあいにくの雨天ながら、客席は超満員。
若手のホットな会は、携わっていて面白い。
後輩達も真打昇進が近づくキャリア。
だいぶ仕上げてきている。
この勉強会はかなり勉強になっている。

打ち上げはワタミ。
私は知らなかったが、店員のあんちゃんが超おばCarだったらしい。
ワタミ、ちゃんとバイトだろうが教育しろ。

反省会はいつまダラダラ飲み会とは一線を画す。
次回の演題、運営についてきちんとミーティングをしているので、この会は強い。
お客さんの期待もある。
なにしろ自分自身がお金払って見たい内容にしないと気が済まない。
出演者一同も次回を楽しみにしている。


今日は久々休みだから、前から観たかった映画に行くつもりでいたが、昨日で公開が終わっていた。
と、なるともう今日はやることなく静かな一日。
録画取りの映画やひかりテレビのビデオ、いくらでも観られるのだが、自宅だと見てもせいぜい一時間。
集中力がつづかない。
ゆえに、ほとんどの作品は途中までしか見ていない。
フォレストガンプのガールフレンドとの、その後の関係はどうなったのか。
ロシアの女の殺し屋はトムベレンジャーを仕留めたのか。
グリーンディステニーなど、前半中盤後半のそれぞれ10分くらいずつしか見ていない。
ひかりテレビから毎月番組ガイドが送られてくるが、そんなもの全く目を通したことがない。
やはり映画は劇場だ。
落語も生で聴くもの。


今日は風呂沸かして入ろうとしたら、掻き混ぜないで足を入れたため熱ッ!
やけどしてしまった。
年を取ると注意力不足になるのだ。
とにかく気をつけなくちゃ。
今日で池袋の出演は終わり。
五日制なので、前半だけ。
次回出演は3月上席、1日から5日まで夜の部トリ。

昨日は寄席の後、千葉落語道場。
この日は養成課の稽古日。
昨年の落語国際大会の影響か、受講生の実力がアップしてきている。
教える私も一日がかりでへとへと。
しかし、バレンタインデーでチョコレートを沢山頂戴した。
ウイスキーでも注文して、ちょっとずついただこう。
中年の身体にはよくないかな。
私にとって2月14日は、数年前からチョコレートをあげっこする日になっている。
男もチョコを買って、ドンドンあげればよろしい。


家の近所にハンバーガーショップが開店した。
お祝いだからと買おうと思ったら、一つ1000円!もする。
安いのでも800円。
買うの断念する。
この界隈の人達は、そんなにお金持っていない。
以前はマクドナルドも客が来なくて撤退した街なのだ。
よくリサーチして店を始めればよいのに、前途が思いやられる。
この界隈でハンバーガーで成功するための値段設定は、一個70円ダァーッ!
それでも隣町のコロッケ二個より値段が上だ。


協会事務局より依頼があり、4月上席前半、1日から5日までお江戸上野広小路亭のトリをつとめることになりました。
何とぞよろしくお願い申し上げます。

今日は月曜日なので、寄席昼の部客席は少ない。
池袋は少なくても不思議と雰囲気がいい。
いつも喋りやすく感じている。
ところが楽屋の話し声が五月蝿い!
初日からだ。
お客さんもかわいそう。
楽屋と舞台袖には鉄製ドアの仕切りがあるが、それでもだめ。
楽屋は陽気なのは結構なのだが、つまらん発言をする人がいて困る。
わけわからんこと言ってくるので困惑するのだが、これも修行のうちと、適当に返答しとく。
楽屋は陰気は勿論だめだが、陽気過ぎて煩いのもだめ。
加減が実に難しい。

あと、前座で喋り過ぎるのもホント困る。
わかってオラン。
前座も年功で二つ目が近づいたりなんぞすると我が世の春で己の立場が見えなくなってくる。
こーゆーときは勘違いに気をつけなきゃならない。
無駄口は控えるべし。
調子のいいヤローは、先にいってもも調子のいいヤローのままだ。
誰も相手にしてくれないから自分から先にパーパー喋ってしまうのだ。
ある意味可哀相なのだ。
若い奴らに言いたいのは、人の会話になんでもかんでも突っ込んでくるなっ!ちゅうこと。
でも、はなし家だから喋りたいのはしょうがないのだろうが。
ま、とにかく楽屋はいろいろ難しいし面白い。
昼間は暖かいけど夜は冷える。
二月だからしょうがない。

縄のれん肩から入る二月かな
東一路
私の大好きな句だ。
まだ冬の出で立ちで、ポケットに手を突っ込んで歩くこの季節はいい。

時そばもそろそろ飽きし春隣

本日は中席二日目。
お客さんの入りもいい。
楽屋がちょいと煙害で困る。
まだ咳が完全に抜けないので、咳込むと高座できなくなるね。
二つ目は煙草遠慮しろバアロウ!
て、いうか先輩の前で吸わないのが当たり前の江戸っ子の料簡。
粋な振る舞いがどんどん廃れていく。
がんばれ日本よ。
楽屋のコンディション悪くとも、高座はしっかりやる。
えらい自分。

昨晩は午前3時までミュージックバンクを見てしまった。
T-ARAの曲が二年ぶりに1位になった。
SBSの人気歌謡では3週連続の1位。
このときメンバーのひとりがポロリと出てしまい、放送事故に。
この日も一人がケガでお休み。
ご難がつづくが、今年はもっと賞にからんでほしいね。

とにかく私は、17日のダイヤモンドラインの準備。


昨日は西巣鴨、音楽スタジオでの落語会。
こちらでは頻繁に落語会や勉強会を開催している。
喋りやすく、アートな雰囲気は自分に合っている。
終えてから打ち上げ。
七輪の炭でつけた燗酒をいただく。
普段は絶対口にしない箱パックの酒。
遠赤外線でお燗をすると、醸造用アルコールがうまく飛ぶのか酔わない。
淡麗辛口の純米酒をお燗してあれば最高。
あと、お料理が本当においしい。
いつもより飲んでしまう。

今日から池袋演芸場出演。
出番終えてから後輩と食事。
他愛ない話し、会話がつづく。
噺家はホントお喋り好きだ。
ウッカリしたことが言えない。
昨日は千葉落語道場研究科の第一回目。
道場も受講生が増えたのでクラスを増やした。
研究と言っても、かしこまったわけでなく、いつもと同じような内容。
だいたい研究などというものに、あてになるものはない。
地震や原発を長年研究していた連中が、いかに役立たずか世の中の人間はわかったのだ。
とくに落語を研究するなどとんでもない。
落語研究家なるものがいたら、そいつは落語家以上に世間に認められないだろう。

で、なぜ研究科と名うったかと言うと、別にたいして意味はない。
研究はつまり、いい加減と言うか、肩肘張らないでやれるよう、表向きは堅苦しいが、内容はユルユルという、実に落語的でよろしいかと思い、そうしました。

ちなみに、今までのクラスは養成科にした。
これも全く養成などするつもりもなく、プロの排出など有り得ない、つまりシャレと逆説、皮肉で名前をつけています。

研究科を困窮科かポン究科、養成科を余生科にしてもよかったけど。
2月は体調よくない。
風邪の後遺症か咳がなかなか鎮まらない。
4日に浅草に出演したら、声がひどかった。
上旬は割と時間が空くから、早く治さなければ。

先週は打ち合わせがつづく。
子供落語教室の新しい会場を視察に訪ねたが、このとき咳込みがひどかった。
昨日はそれでも無事に教室を終える。
それから習志野文化会館、市民音大講座のコンサート。
昨年はスケジュールが全く合わず、一度も出席できなかった。
この日はピアノ伴奏のバイオリンリサイタル。
大変な盛り上がりに思わず感動する。
打ち上げでバイオリニストとイタリアのピアニストと歓談。
その後また二次会で、ちょいと今後の打ち合わせ。
NPO法人のベイエリア市民音楽大学講座には、長年後援をいただいている。

とにかく演奏開演中、咳が止まっていてくれてよかった。



27日は末広町。
お座敷で一席。
毎年恒例、日本酒の新年会。
青森の田酒をいただく。
純米大吟醸、にごり酒とともに懐石のコース。
満腹で完食ならず。
お酒もお料理も素晴らしかった。

28日は市川文化会館のローズホールにて、新春おやこ寄席出演。
知り合いのお客さんが何人かお見えになった。
差し入れの桃最中うまい!
終えてから末廣亭出演。

29日から韓国釜山に出かける。
ホテル到着の後、近所を散策。
地元市場内の大衆店に入る。
こちらはお刺身がメイン。
平目と淡水魚のような魚のニ点盛り合わせ。
ワサビ醤油もあるが、チョコチュジャンや合わせ味噌を付け、エゴマやサンチュに包んでいただく。
焼酎が合うのだが、寒いからマッコルリにした。
量があり、食べ切れない。
締めの海鮮スープがまた旨い。

二日目は海雲台の海水浴場に行く。
天気よく、凪で暖かく気持ちが良い。
近くの市場でジャージャー麺をいただく。
うまい!日本円で280円くらい。
屋台の天ぷらやおでん、トッポキもいただきたかったのだが我慢。
午後は龍宮寺を訪れる。
岸壁に建つ古刹。
観音様の御利益ありと、参拝客は平日でも多い観光地、そしてパワースポットだ。

夕方は南浦洞の市場へ行く。
国際市場で買い物。
ソウルの東大門より買いやすい。
値段もずいぶん安い。
釜山は総じて物価は安い。
夜は茹で豚中心の伝統料理で焼酎をいただく。
ソウルや東京でも飲めるチャミスルとはまた違う釜山の焼酎はさっぱりとした味わい。
酒で言えば淡麗辛口だ。
明くるは成田に帰国。
その足で千葉落語道場に行く。
この日から第7期の始まりだ。
喋り過ぎと乾燥で、声を少し枯らしてしまう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。