◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
12 | 2010/01 | 02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
27日に新宿に出演して休演。
ということで、27日が自分にとっての千穐楽です。
12月から1月と、毎日休みなく頑張りました。
瞬く間に月日は過ぎて行くようです。

本日からお仕事再開。
午前中は北区落語教室。
発表会も近付き、本番に備えたお稽古。
かなり出来上がっているようですが、全員まだ自信のない様子。
これから暖かくなりますので、ご陽気にまいりましょう。
スポンサーサイト
今日は寄席に出て、それから千葉落語教室。

この日は実にいい天気。
お稽古も楽しくやっていただきます。
稽古最終日で、次回は発表会。

それにしても、回を重ねるごとに上達するのは感心します。

昼の部、夜の部とみっちりやってくたびれた。

帰りが、ほぼ最終。
めちゃめちゃ混んでて、これも大分消耗します。
今日は春の陽気。
新宿に行けば、一階席は満員。

筆頭の前座がいないと思ったら、楽屋裏からひょっこりと顔を出した。
暢気なもんだ。

二つ目もいないなと思えば、二階からノソノソ下りて来た。
春の陽気で、皆居眠りでもしていたのだろう。

寄席の後は新年会で一席。
毎年呼んで頂いている。
終えてからの日本酒と料理が、いつも楽しみ。
マイ猪口を持参するのを忘れてしまった。
朝は早起きして、足立区の小学校にて公演。
今日は寒い。
会場は体育館なので、冷えないように気をつけた。
生徒さんにも、教科書に載っている「ぞろぞろ」演じてもらう。
友達や仲間の前での発表は楽しそうだ。

終えて直ぐに新宿へ移動。
楽屋入りがギリギリだった。
昼の部は客足がよろしいようで。

昼食のために、二丁目に移動。
IWAジャパンの社長さんを見かけた。

明日の準備をしなきゃならない。
しよう。

腰の具合が、まだいまひとつだ。
昨日の浅草も、いいかたちで千穐楽を迎えることができた。
大寒なのに春の陽気。
隅田川の向こう、ウ〇コビルとジョッキビルの隣に、スカイツリーがにょきにょきと。
只今、270メートルぐらいなそうな。
昔の東京っ子も、タワーができるとき胸踊る思いで眺めていたことだろう。
今の下町っ子が、その当時に通ずる思いを抱いているのかも知れない。

浅草を終えて、ビューホテルで打ち合わせ。
国際通りの向かい側には、いつのまにか京阪ホテルができていた。
吉本御用達の宿になるのかしら。

本日は新宿下席初日。
お客様もたくさんお見えで、また陽気も暖かく春を迎えたよう。

今席も頑張ってまいります。
今日は二之席千穐楽。
また満員御礼。
国立では10日間の大入り。
大入り袋は全部で九枚いただいた。
額に入れて飾ろうかしら。

今朝からどうも腰の具合がよくない。
腰痛は持病だから、たまに悲鳴をあげてくれる。
寒さとストレス、疲れが原因。

ともかく、無事に国立出演を終えられた。
連日の大入りで、やり甲斐と責任感と、気になる実入りとで大変。

国立終えてからは、浅草の夜席。
こちらも千穐楽を迎えます。
終えてからは打ち合わせです。
国立は今日も満員御礼。
またまた大入り袋をいただいてしまった。
明日もあれば10日間、ひと芝居大入り。
2日は休んだので、10日分パーフェクトなものは得られない。
9日分でも、ちょっと嬉しい。
自慢できるかな。

浅草に移動して昼食。
野菜たっぷりチャンポンを注文するが、食べ切れなかった。
満腹だと、落語が喋りにくいのよ。

浅草に出演したら、いつもと雰囲気がガラッと違う。
なかなか反応してもらえない。
私の後、色物の先生が「明るく陽気に行かなかった」と下りてきた。
昨日は家に帰り宿題していたら、あっという間に10時。
身体も冷え切った。

「ふれあい街歩き」のDVDを見ながら、東北の酒を二種類ばかりいただく。

今日も国立は満員御礼。
毎日、大入り袋を戴くのが習慣のようになってしまった。
貰えない日があれば、寂しいだろうなあ。

客席は明るく、いい雰囲気。
今日は寒さも一段落のようで、あたたかく感じる。

後輩を連れて昼食。
山菜うどんにラーメンと、皆あんまり食べないから安上がりで済んでしまった。

家に帰ってから、また宿題だ。
昨日の永田町界隈は物々しかったなあ。
自分も毎日怪しげな格好で寄席に通っているんだけれど、まだ一度も職質されていない。
自分でも感心する。

永田町を一歩出れば、平穏な暮らしの風景。
テレビを見れば、マスコミの大騒ぎ。
一体、この国はどうなってるんだ。

報道も冷静さを欠いて、吊し上げのようになってくると、ちょっとやだな。

ともあれ、国立に出演してから床屋さん。
今年もう二回目だ。

夜は、なにしろ寒い。
寒さ好きの私も、ちとふるえる。

家帰ってお勉強と思ったが、どうもはかどらない。

今日は、子供落語教室。
新年、一回目。
寒さに負けず、みんな元気の様子。
子供も頑張って行きましょう。

終えてから国立演芸場。
早めに楽屋入りしたら、先に出演する二つ目がまだ来ていないとのこと。
代わりに私が先に出演することに。
全く自分は間がいいんだか、悪いんだかわからないね。
昨日は飲み過ぎたのか、声の出があまりよくない。

今日も国立は超満員。
毎日大入り袋をいただいている。
楽日までに寄席の一年分を貰ってしまうのではなかろうか。

声の出がよくないと、自分の声の反りがよく聞こえず、噺の間が難しくなってくる。
寄席の高座は毎日反省の連続。

今席は自分の都合で、師匠の高座を一度も聞けなかった。
このことが一番大きな反省点。
昨日15日は寄席中日。
この日も貸し切りの満員。
国立を終えてから浅草へ。
浅草のあと、遅い昼食。
すぐまた国立演芸場へ。
この日は昼夜公演。

夜席終えてから栄橋師匠のお弔い。
栄橋師匠には直にお会いしたことはないが、昔テレビで随分と拝見させていただいた。
長らくのご闘病、お元気でいたならば寄席の風景も変わったろう。

師匠のおかみさんには、若手芸人が草津温泉での公演で大変お世話になった。
お清めの席では、ご一門の師匠に昔の話しを伺い、とても興味深かった。

帰りにR朝さんと蕎麦屋で一杯。
お蕎麦屋といっても、ほとんど居酒屋だ。

小海老の天ぷらとマグロのブツで、富山の銀盤をいただいた。
料理がなかなかちゃんとしていて、酒も特別本醸造をわざわざ冷やしてあった。

酒と焼酎そば湯割りで、しめやかな夜。

ご冥福ををお祈り致します。
昨日は家に帰り、また軽く一敗。
純米酒の味が、いい方向に向いてくれない。
でも、飲んでいて疲れない。
面白くないんだけど、付き合っていて楽な友人のようだ。
このお酒の良さが、まだわからない。

今日の国立も貸し切り。
連日、大入り袋をいただいてしまっている。
昨日は鏡開きのときの、お餅をいただいた。
一日置いたが、まだやわらかかった。

国立を終えてから、浅草に出演。
相変わらず浅草は、人通りが多い。
明るい内は、本当に活気がある。
昨日はふぐと鰭酒でお肌プリプリ。
コラーゲン効果。

今日は朝起きて初詣。
お祓いもしていただきました。

それから国立演芸場。
本日も満員御礼。
連日です。

終えてからすぐに、千葉落語教室。
今日は昼の部です。
発表会も近づき、皆さん気合い入っております。
面白くなりそうです。
この日は取材もありました。

明日は国立に出てから浅草行きます。
今日は国立演芸場を休演して木更津へ。

お寺さんでの新年会にて、落語の催し。

皆さん会席料理をお召し上がりのところに、ひょっこり出演。
たっぷり二席で一時間。

この日は韋駄天様をまつる日なんだそうな。
終演後は由縁のタヌキ汁をご馳走になった。
もちろん本物の狸、純毛の狸は入っておりません。
味噌仕立のおつゆに、あぶったコンニャクが入るんだそうです。

行きのアクアラインは雨で鈍よりとして、ちょっとこわい。

内房線に乗って千葉へ。
夜は落語教室です。
国立と浅草の初日。

国立では大入り袋を頂戴した。
満席なのだけれど、ロビーでモニターをご覧の方もいる。
客席に来てもらうようにしなきゃいけない。

楽屋にお客様が何人かお見えに。
ご祝儀を頂戴してしまった。
中にゃ手ぶらの方も…って、そんなことはないけれども。
「待ってました!」の声がかかった。
多分、受講生じゃないかな。
それにしても皆よく寄席に通う。
たいしたものだ。
勉強熱心。

終えてからは浅草。
途中でパスタをドカ食いしたら、高座で込み上げてきてしまった。
高座前の大食は気をつけよう。
瞬発力をつけるのと、すぐにエネルギーに変わると思ってパスタを選んだのだが。

正月の寄席でいつも思うのは、前に出演する前座、二つ目のネタが短すぎる。
ネタになっていない。
挨拶だけして下りてくるやつがいる。
毎年のことでわかってんだから、ちゃんとネタ考えておけてんだよ。


昨日は中華飯店で打ち上げ。
ダイヤモンド路線<ライン>2月23日(火)も近づいてるので、簡単な打ち合わせも。

昨日は楽屋のお弁当と中華で太ってしまった。
家に帰ってからも二合ほどやってしまった。

今日は質素に。
実は質素がとても好きな私。
質素と粗末は違う。

暮れに正月の餅を買い過ぎてしまった。
山形の丸い田舎の餅。
雑煮にしたい。

雑煮と酒は合う。
佃島の佃煮もいただかなくては。

今日は新宿で用事を済ませて、明日からは国立演芸場と浅草演芸ホール二之席。
飯能市民会館、新春落語会に出演。

毎年恒例イベントに出演させていただき、ありがとうございました。

終演後は池袋で軽く打ち上げ。
あやしげな中華飯店。
生ビールは100円だ。

それにしても夜は寒い。
青森の純米酒、少し味がよくなったかな。
昨日は七草だったけれど、粥を食べたのは今朝。

昨晩はひとり祝杯をあげていた。
別に意味はないのだけれど。

家の中で稽古のテープを原稿に起こしていたら、手がかじかんでしまった。
昨日と今日で気がついたのだけれど、家の中より外の方が暖かかった。
一月も二十日を過ぎれば春が兆す。
寒いのが好きな私には、ちょいとさみしい。
そう云えば、歳時記に冬惜しむという語もなかったような。

この冬は、北国の人にとっては恨めしいけれど、久々の本格的寒波、ちょいとノスタルジックな気分に浸れてしまう。
これで雪でも降ってくれたら。
年が明けて、小休止。

長野の特別純米酒は、やはり常温がうまかった。
冷やし過ぎると骨格がわからなくなってしまう。
12~13度の温度が調度よく、味がわかります。
とてもよく出来ていました。

青森の純米が、以前はとても美味しく感じたんだけれど、どうもしっくりとしない。
いいものをいただいているうちに、舌が肥えてしまったのか。
ぬる燗にしてみたけど、それもどうもいまひとつ。
やっぱり、もう少しお金を出さなきゃいけないか。
昨日は池袋でウダウダしてから副都心線を利用した。
そしたら事故らしく電車が遅延。
新宿の出番に間に合わなかった。
2分遅れの到着なれど、出番は三本あとになってしまった。
ここからまた気合いをかけてかなきゃならない。
遅れた自分がいけないんだからしょうがない。

ヒザが曲独楽だったけど、地囃子の太鼓がひどかった。
昨年入った前座さん。
この子がまた不器用なんだな。
世の中には、一教えて十を知る人もいれば、三教えて四忘れる人もいる。
アドバイスしたところで、すぐにどうにかなるものでもない。
地道な練習を繰り返すしかないね。
当人がやるかどうだけど。

まだ賀状書きが終わらない。
去年よりは、いい段取りで来ているんだけど。
昨晩やって、今日も一日。
ゴールが見えて来たので、途中で床屋さんに行き休憩。
昨日は新宿の夜、第三部に出演。

真打が「火焔太鼓」演じ、誠にお客様大満足状態だったが、追い出しの太鼓がひど過ぎ。
せっかくのいいエンディングが何ともはや。
寄席はそういったゾロッペな面もある。

帰ってから長野県の特別純米酒をいただいた。
おいしい、だけど喉越しが物足りない。
よく見たら、燗酒部門で受賞の酒だった。
それを冷蔵庫で冷やしてしまったのだ。
常温か、ぬる燗でいただこう。

今日は夕方は池袋に出演。
毎日いいお客さんだ。
終わってからは新宿へ行きます。
昨日は師匠宅の新年会に呼ばれた。
礼によって食べ過ぎてしまった。
お節料理に鯛や蟹。
メインディッシュはなぜかジンギスカン。
ちらし寿司をいただいたら、締めにカレーライスが登場。
二日連チャンでカレーだ。
歩かなくては。
カロリーを燃焼しなくては。

今朝は何とか布団からはい出て、肅々と賀状書き。
毎日の行だ。
これを終えなければ正月の仕事は受けられない。

夕方から池袋に出演。
二部は満席だったようだ。
終えてから新宿に行かなければならない。
お茶をするか。
激安店は満席で入れない。
さすがデフレ日本。

今日は新日東京ドーム大会に行きたかったが、そんなよなわけで断念。
夜中に録画中継を見よう。
深夜だから音を消して。
昨日はまた、にごり酒を飲んでみた。
やけに酔う。
よく見たら日本酒規格ではなくリキュール類と記されてあった。
いろいろなものが添加されてあった。
これじゃ酔う。
私が飲んではいけない酒だった。
でも何となく飲んでしまう。
カレーのジャガ芋とばかに合う。
我が家は二日目にして、もうカレーだ。
今日はご近所中がカレーになるだろう。
お節と雑煮好きな私は、一週間でも雑煮が食いたい。
だけど家族の意見も聞かなければならない。

今日は広小路亭に出演。
また大入り袋をいただいた。
聞けば、五日までは無条件で大入り袋を下さるんだそうだ。
広小路亭ばんざい。

夜は師匠宅で新年会。
それまでは家で肅々と賀状書き。
昨日は池袋と新宿を無事終えて帰宅。
新潟有名酒店のにごり酒を飲む。
ベロベロになってしまった。

今日は広小路亭に出演。
角袖コートを着ようとしたら、タバコのヤニ臭いったらない。
昨日、楽屋のハンガーに吊しておいたからだろう。
朝湯に入って身を浄めてから神棚を拝んで、いざ出かけようとしたら、この有様。
それにしても煙草の煙りとヤニの臭いは、どうしてああもくさいのだろう。
いきなり、オヤジ臭のまま出かけることに。

広小路亭のお客さんは、誠にありがたく芸人を迎えてくれる。
お席亭からは大入り袋を頂いた。

やなぎ太郎さんと刀削麺を食べてから、俳句の下ごしらえ。
帰ってからは肅々と年賀状。
あけましておめでとうございます。
今年もブログ「ばぶばぶ・ぴーす」をよろしくお願い致します。
私の出演する寄席、落語会もよろしくお願い致します。

元旦は6時起き。
初日の出と初冨士、明けの月に初筑波と全部見ました。
富士山とお月様は壮観。
早起きしてよかった。

支度して師匠宅の八潮に集合。
朝から雑煮におせち三昧。
正月だから当たり前か。
年始をきちんとするのが、我々社会のしきたり。

いったん帰宅して、年賀状を肅々と書いて、夕方からは池袋と新宿の寄席出演。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。