◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08 | 2008/09 | 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
20080926154322
本日は彼岸明けなので、お墓参りでございます。
束子で墓石をごしごしと洗っていきます。
池ノ端にあった樅の木のようなホテルが取り壊されて、マンションになっておりました。
あのホテルは流行らなかったんだろねぇ。
駅からちょっと遠いし、何しろ不安感を与えてしまう不思議なデザイン。
浅草のウンコビルに続く迷所になるかと思っていたけど、なくなると少し残念。

帰りに東大裏のコーヒー店で休憩ですな。

今日はホントは吟行会に出席する予定でしたが、朝から事務ワークに追われて断念。
また次回のお楽しみに致します。
スポンサーサイト
20080925234706
本日は東銀座にて朝から打ち合わせ。
平成の落語者メンバーが大阪は繁盛亭で公演いたします、その話し合い。
東京かわら版より取材と写真撮影。
そのあと、お稽古の予定がありましたが延期。

新宿の楽屋に、ちょいと用事を済ませにまいりました。
本日はナカビで楽屋も陽気。
客席は一階席がほぼ満員でした。
夜の披露興行にも顔出したいところですが、家に帰って宿題やらにゃなりません。
招演会の本番も間近です。
本日は柏にて公演。
柏落語会でお世話ご協力いただいております朗読の会と、視覚障害のかたがたをケアいたしますボランティア団体との年一回の合同イベント。
会場の市公民館ホールはなかなかいい雰囲気。
キャパシティが落語にちょうどいいから、何度も落語会をやりたくなります。
午後より開演して2時間ほど公演。
お楽しみいただきまして帰路についていただきました。
なにしろ今日はいつになくの行楽日和。
落語もその分上乗せされたかも。

柏落語会のスタッフの方々にも大変お世話になりました。

差し入れに、柏の裏名物であるお好み鯛焼きをいただきました。
鯛焼きのコロモの中身がお好み焼きに。
かなりのボリューム。
一個200円。
柏に行かれましたときには、お試しあれ。
本日は芸協らくごまつりの会議。
開催まであと一月です。
昨年同様のご来場を願うばかり。
今年は随分と屋台が出店するようです。
私は去年に引き続き、教室部を受け持ちます。
各教室のイベントは既に決定済み。
芸協シアターの出品作品もほぼ決まりです。
寄席演芸界の裏側と云うか、日常を撮りましたものもあります。
教室イベントはすべてチケット、整理券制です。
他にもホールでの落語会やステージイベントも盛り沢山。
10月26日は何とぞご来場いただきますよう宜しくお願い申しあげます。
20080921180325
午前中は落語教室です。
今日は運動会などの学校行事が多いので、欠席の生徒も。
雨脚が強まって、運動会も随分延期のところもあったようです。
噺のチェックや自宅での練習方法など指導して終了。
急いで今度は国立演芸場へ。
国立名人会に出演。
雨の中、大入り満員。
前売券は、ありがたいことに完売したそうです。
やる気出ちゃって持ち時間を5分程延ばしてしまいました。
この日の演題は「猿後家」。
二年前に浅草のトリのときに演じて以来でしょうか。
珍しい噺ですが、私は割と好きです。
下げが東京スタイルと大阪式とありますが、私のはどちらかと云うと大阪版。
高座の後は終演まで楽屋に残りました。
考えてみれば一緒に出演した平治兄さんとは大須で会った以来。
帰る頃には丁度雨足も弱まってヨゴザンシタ。
20080920183639
ここのところ「揚げアシ中の要塞」と「武道論」な更新が滞っております。
更新しているのですが、どうもモバイルからの書き込みが出来なくなっているようです。
なんかマズイこと書いたかな。
原因を調べまして対処したいと思います。
今月もあと10日、月日のたつのは早い。
らくごまつりは近づくし、寄席や勉強会の準備に追われる毎日。
何か書き物をしているときに、作業がはかどるのは、やはりラジオ。
雑貨屋で一台を衝動買い。
でも家で入るFM局は4局ほど。
私はFMヨコハマ聴きたいのに。
いっときハマラジという名称だったような。
ハマラジになるときのTVコマーシャルがよかった。
20080918214148
本日は歌舞伎観賞しましたな。
三越劇場にまいりました。
2階席ですが大変見やすい。
落語会で出演したことはあっても、客席から舞台を見るのは初めてなので新鮮なおどろき。
台詞も音楽もよく通り、2時間半堪能しましたんの。
このくらいの時間がちょうどよろしいようで。
歌舞伎座はちと長い。

終演後、界隈の飲食店へまいりました。
とんでもねぇ天ぷら屋に入ってしまいましたな。
まず、お汚あそばします。
猫が客席に座っておりんした。しかもデカッ。
定食はあるかと尋ねれば、壁に品書きあるよとブツきらぼう。
チミタイ麦茶を出しておくれましたら、コップのふちにコバエはんの亡きがらこびりつきでやんす。
でてきたお天は揚げたてなのにしおれ気味。
やにわに亭主話し掛けてきた。
親の代からつづいてる店だそうな。
昔は三越劇場に出た役者が食べにきたらしい。
リピート率は聞けませんでした。
年に一度、落語を聴きに行くとのこと。
「近頃は禄な落語家はひとりもイネェ」とおっしゃっておりました。
また、「三越デパートに来る客は垢抜けねぇだろ」などとも。
あんた、自分の店はどうなのよ。
コバエが飛んでて、ゴキぶうが這ってて、垢抜け以前の問題だろが、と思いましたな。
飯は大盛でした。
よく見ると細長い、今話題の外米のようなものがブレンデットな様子。
飛んだ一杯食わせ者。
ほんとに一杯食わされたと言うか、食べてしまいました。しっかりと。
まったく、ギャグのようなお店。
笑わせていただきました。
こんな地雷のような処に入ってしまう私も、垢抜けないオノボリサンでやんす。
まだまだまだ修行が足りませんワ。
20080916234801
今日は久しぶりに八潮の師匠宅にお邪魔。
着いたらいきなり精米所へ新米30キロを運びまんした。
精米すますと食事いただきます。
本日はチキンカレー&諸々のおかず群。
その後はリュウキンが入っている甓のモーターを掃除。
してから紫蘇の実を漬けるため、大量の紫蘇の実をほぐしました。
そしたらまた食事。
牛肉とモヤシの炒め物。
冷や麦など。
そのあとデザートにスペアリブのソテーいただきましたあ~。

写真は倉庫にある新米。
30キロ入りの袋が10袋以上。
山形と新潟から送られてくるそうです。
これで家族と一門の一年分。
まどか部屋の謂われがご理解いただけたかと思います。
20080915194059
昨日は柏落語会でした。
この日が丁度二周年記念。
今までで一番の入場者だそうです。誠にありがたい。
柏の皆様に落語、寄席芸の面白さを知っていただこうと、お手伝いをさせていただいております。
会員数も随分増えてまいりましたようです。
また、お客さんの雰囲気もよくって、ついつい高座の時間も延びてしまいました。

終演後は会長さんに上等なマグロをご馳走になりやした。
奥様の手料理も相変わらず美味しくて、今夜もメタボの道。

柏落語会は毎月第二日曜、午後2時より北柏たんぽぽセンターで開催中。

次回、わたくしの出演は来年3月ですな。

写真は関係ありません。
こないだの大須、打ち上げ風景。
20080914112908
昨日は田沢湖にて公演。
みつばち寄席に出演させていただきました。
仙北市市民会館は超満員。
トリは木久扇師匠。
わたくしは中入りに出演させていただきました。
田沢湖のお客さんは明るくノリがよく、おおいにお楽しみいただいた様子。
わたしも師匠はじめ出演者の高座を拝見させていただきました。
その日は田沢湖仙人に一泊させてもらい、朝起きたらまたテレビで木久扇師匠の落語が。

楽屋で教えていただいた小話を今度やってみたいと思います。

写真は本文と関係なく、こないだ大須で食べたお好み焼き。
ウスターソースでいただくんですな。
20080913145801
昨日は大須演芸場の二日目。
昼夜興業でありました。
初日よりも入場者が増えてよろしおます。
前の晩、打ち上げが0時半くらいまでありました。
その後、二次会はなくながれ解散。
楽屋泊まりの副会長たちは午前3時くらいまで反省会をされたとか。
打ち上げに行った店がユニーク。
注文の品がなかなか出て来ない。
初めに頼んだ焼鳥が、そろそろお開きになる頃に運ばれてくる。
冷奴や生ビールが注文数より多く出て来る。
焼きそばに大量の紅しょうががのっていたり、楽しめました。

で、二日目は朝飯はいつものように協会御用達の喫茶店でモーニング。
ここで出演者はモーニングセットをすきなだけ注文することができるんですな。
そんなに食べられやしないけど、リッチになった気分。

昼席つとめて大須の街に繰り出します。
古着屋が多いけど欲しいものはなく見るだけ。
昼は例によって、あんかけスパゲティー。
楽屋の菓子(ういろう等)やみたらし団子食べてるから太るのなんの。

夜席はまた、ばかにいい雰囲気。
大須で落語ができて良かった。
20080912204935
昨日は大須演芸場でしたな。
久しぶりにまいりました。
建物の外も中も変わりなく。
変わりようがないか。
老朽化は進んでおりました。
毎年恒例の芸協まつりは今年で六年目。
前に出演したときよりもだいぶ客席の雰囲気がよくなってました。
普段出演している寄席と変わらないくらい、いいです。
入り具合も、前に来たときよりいい。

大須は若者向けの店が多くできましたが、平日の人通りは少ないように思います。
演芸場も定席のときはどうなのでしょうか。
客席の具合は寄席の雰囲気があって、よくできております。
外観が難しいですな。
アプローチがちょいと人を遠ざける感じ。
不安な気持ちをあたえているのではと思ってしまいます。
資金があれば、うまいことできるんでしょうが。
せめて寄席幟りがあれば、もうちょいと入り易いでしょうな。
それにしても今の時代に一等地に寄席小屋があるなんて、まことに贅沢なこと。
出演させていただいて誠に有り難いです。
20080910190307
明日から大須演芸場に出演します。
浅草演芸ホール中席は出演の予定でしたが、諸事情によりまして全休させていただきます。
大変申し訳ありません。

10月上席は国立演芸場に出演致します。
10月中席は新宿末廣亭夜の部主任になりました。
いずれもご来場いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
20080909184033
9月27日(土)に開催予定の「こだわりや落語会」は諸事情による中止になりました。
お楽しみにされていた片には大変ご迷惑をおかけいたしました。
お詫び申し上げます。

9月30日の「圓馬招演会」は予定どおりの開催です。

ゲストは悠玄亭玉八師匠。
今回で三度目の出演。
わたくしはいつものように二席演じます。
一席はネタおろし。
どうぞお楽しみに。

写真は8月31日の寄り合いの様子。
今年の新真打ち。
寡黙な二人。
落ち着いている。
泰然として存在感出て来ましたな。
20080908171640
昨日は午前中が落語教室でしたな。
夏休みあけて初めての教室。
そろそろネタを完成させて、次の噺に取り掛かろうかというところ。
来月からは全員が新しい噺を覚えていくよいにしたいですな。

夕方からは柳橋襲名披露パーティーに行って来ました。
東京会館はいつもの九階ローズの間。
超満員のお客さんで大盛況。
狂言の御祝儀やアカペラコーラスグループが華を添えて、余興のマジックイリュージョンも演出がはででよろしゅございましたな。
お客様も大喜び。
マジックの魔女軍団のオネエチャンの名前が一人わからなかったので聞きましたな。
初めて名前が判りましたわ。
若いこたちは挨拶や自己紹介の習慣がないのか、こっちから聞かなきゃならないからやんなっちまうぜ。
20080906175831
九月はおだやかに始まったような具合ですが、気を抜くと急に忙しくなりパニックにならないよう気をつけなきゃなりませんな。
打ち合わせや会議がつづきます。
三日はらくごまつり実行委員会。
去年より大分スムースに進行していくので、気持ちが楽です。
当日の芸協シアターでの上映作品が少ないので、撮り溜めしたものを編集して何か一本の作品にまとめにゃなりません。
パソコンもう一台買わねば。
20080905164458
8月31日は夏の寄り合いでしたな。
毎年吉例のはなし塚まつり。
田原町の本法寺にてはなし塚法要と扇塚供養が行われます。
今年はオホーツク海高気圧の関係で、そんなに暑くなくて助かりました。
法事のあとは浅草ビューホテルに移動して会食。
毎年余興で若手がかくし芸を披露するんですが、今年はばかに面白かった。
N丸くんのE師匠の物真似は定番だけれど、今回はナベアツをパクり3の倍数でE師匠になるてのはバカバカしくて良かった。
欲を言えば40までカウントしてほしかった。
前座U君のやった風俗点でいちいち注文の細かいY師匠の物真似には爆笑!
だいたい物真似にしては全く似てないんだけど、実にバカバカしいことを真剣にやっている。
何もY師匠でなくてもいいだろうと思うがY師匠でなければ生まれないおかしみがあった。

寄り合いの余興で笑いを取れる奴らはたいしたもん。
ほんとは若手真打ちや二つ目がもっと登場してなきゃいけないね。
8月30日は第二回「まどか部屋 一門道!」でした。
今回は妹弟子がトリ。
不可解な節回しの相撲甚句でオープニング。
全体的にいい雰囲気のなかお開き。
ちょっとお客さんが少なかった。
こちらの準備、宣伝不足。
次回は会場が変わり、上野広小路亭での開催です。
日本橋亭はなかなか会場がおさえられず、来年からは、また別の会場を探さなくてはなりません。
何処の場所になるか。

ちなみに我が一門は誰も大麻をやっていません。
20080903191318
8月26日は圓馬社会人倶楽部でございました。
大入り満員でありがとうございます。

17時半からの開演のところ、前座が勝手に5分前に始めちゃったので楽屋でお小言を云わせてもらいましたわ。
事情を聞けば前座が二人続けて高座に上がりたいんだと。
この感覚がわからない。
舞台に出たい気持ちはわかるけど、寄席の流れやお客さんの気持ちを考えたことあるのかいな。
前座の落語を二席聞かせて、お客さんくたびれさせて、その後の演者が気持ちよく高座ができると思ってるのかねぇ。
本数多けりゃサービスだと思ってるとしたら大変な間違い。
あるいは、自分たちさえ良けりゃいいという了見を持っているんだとしたら改めてもらいたい。、私が一番嫌いなのは観客無視・観客不在の行為。
とある寄席はなんだか知らないが毎日前座が二人出て来て、その後二ツ目が二人出て、お客さんがへとへとになってるところにもって来て、アタシが高座に出たりする。
そんときはダランとした空気や流れを変えるのに結構、労力いるぜ。

会は大成功で良かったんだけど、そこんところが自分の目が届かなかったので反省。
先月25日は荻窪にあるお寿司屋さんのお座敷での落語家会に呼ばれました。
こちらの出演は三回目です。
怪談ネタをということで一席。
この日は兄弟弟子との二人会でした。
打ち上げでお酒をいただきやしたが、次の日が社会人倶楽部なので控え目に。
などと思いつつ、ちょいと帰りに寄り道してしまう私でした。
20080901191012
もう九月です。
8月はいろいろと忙しかった。
猛暑や悪天候がつづいたけど、よく頑張った。
ちと、遡る24日は落語教室のあと真打ち昇進披露パーティーに出席。
久々に精養軒が会場なので楽しみにしておりました。
教室を終えて1時間半遅れで会場に到着。
席に着いた途端にお開きになった!
ええっ!?一時間半でパーティーは終わってしまうの?
う~ん、ちょっと驚き。
料理食べられず仕舞い。
デザートのアイスクリームをひと匙なめて、コーヒー一口啜りオシマイ。
「料理は折りにお詰めしてあります」と係りの人。
でも、誰も何も持って来ないし、スープやフォアグラのソースを詰められた物を持って歩く訳にも行かないので帰りことにしやした。

それにしても、うちの協会の出席が少ない。
毎度のことながら。
こうした催しに出席するのは少数派らしい。
落語家だからお付き合いはきちんとするものと思っておりましたが。
その代わり、世間が注目する大名跡襲名パーティーなんてぇときには普段見ないような面子が出席してくる。
何故かというと、いろいろ理由があるでしょうが、盛大なパーティーを見たい、有名人に会いたい、料理が豪勢などと打算的なのが多いようで。
我々の世界だけでなく世間でも、こうゆうことはセコいと言っております。
ま、それも芸人らしくて面白いと言えば面白いことなのかもしれませんな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。