◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12 | 2008/01 | 02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
悪天候の中、飛行機は無事に上海に到着したんですが、時間は大分遅れて夜11時近く。
雪がひどいのかと思っていたら当にやんでおりました。
たいして積もってもいない。
昼間の二便が欠航になったのが信じられません。
それからホテルまで約一時間。
チェックインは午前0時回ってました。
ツアー係りの中国人男性が、もう夜遅いからホテルに着いたらあまり出歩かないようにだって。
当たり前だよ!
つづきはまた…。
つるりん
スポンサーサイト
20080129174451
夜の便で上海に行く予定なんですが、中国大陸は大雪。
昼間は欠航便もあった様子。
うまいこと出発できればよろしいのですが。
それにしても悪天候にぶつかってしまいました。
なんとか無事に行ってきたいと思います。〓
上田の公演は昨日のことです。
昨日の打ち上げでは、たくさんのお酒をいただきました。
あまり飲めないんですが、いろいろ味見させていただきました。
土地のお酒、喜久盛はこの日の料理にベストマッチ。
新潟新発田の〆張鶴純米吟醸は二ツ目のあの人に飲ましてあげたい。
七笑の純米吟醸は桜の花散る下で、毛氈なぞ敷いて朱塗りの盃でいただきたい。
お正月のお節料理や三々九度。神社での御神酒。
特別なセレモニーのとき、ほんのちょこっといただくような贅沢な味わいのお酒でした。
すうっとした喉越しに、ほんのわずかに残る辛み。
がぶがぶ呑むようなお酒じゃありません。
野沢菜やお焼きで飲むなら喜久盛の本醸造を常温でいただくのがよいと思いました。
けど信州は常温だとキンキンに冷えてるんだよねぇ。
なにしろビールが冷え過ぎるのを防止するため冷蔵庫に保管するそうです。
20080128014248
本日は鯉昇師匠のお誘いをいただきまして長野上田市にまいりました。
国際音楽村のホールこだまでの公演。
すべて木造りのホールは音響がなんとも素晴らしい。
鯉昇師匠とわたし。神田京子さん。前座鯉斗さん。
お囃子は千秋というメンバー。
はじめに寄席囃子百科を実演。
音がよくて雰囲気も盛り上がります。
夜は田沢温泉へ。
鯉昇師匠後援会の新年会にて寄席。
終えてから大広間にて大宴会す。
飲み過ぎました。
信州の方々は酒ツヨイよ!
泊まりもこちら富士屋ホテルさん。
ここのお湯がまたいいお湯でございます。〓
今度はプライベートでうかがいたいと思います。
本日は浜松町の自由劇場にお芝居見物にまいりました。
劇団四季のハムレットを観劇して感激でやんす。
知り合いの俳優さんであります坂本岳大さんがレイアーティーズを演じお見事。
あたくしハムレットはなんべんも見てるんですが、筋を相当忘れてます。
この日も途中まで、ハムレットってこんなはなしだったかなと思い、気が付いたら「ロミオとジュリエット」と頭ん中でごっちゃんなってましたわ。

帰りに秋葉に寄り携帯の機種変更。ちょっと失敗したかなあ。使いづらいす!
20080125235310
昨日は司牡丹純米吟醸土佐宇宙酒をいただきやんした。
ソユーズロケットに乗って地球を周回した、高知の酵母を造ったお酒だそうです。
ちょっと冷たい感じで、あっさりとした飲み応え。
土佐っ子は、この味を好むのかなと考えながら宇宙に思いを馳せる夜。
肴はなにが合うかと、月山の赤蕪漬け、赤にし貝のつぼやき、雲丹の佃煮を並べて飲み比べ。
結果、雲丹が一番合いました。
雲丹と宇宙、つながりがあるのかも。
宇宙生命体のような形をしてますしね。宇宙生命体見たことないけど…

今日はまた、新しい落語会の打ち合わせ。
虎ノ門のショット・バー「赤バス」での公演が決定しました。
4月12日(土)、17:30くらいから始まります。
入場料はまだ決まっておりませんが、アルコールorソフトドリンクが付くそうです。
それもかなり。
毎月開催のジャズライヴでは飲み放題なんだそうです。経営だいじょぶか~!
落語とお酒好きにはたまりませんな。
詳細はまた後日お知らせいたします。
取りあえずはスケジュールをご参照下さいませ。

4月29日昭和の日に兄弟弟子で勉強会を行うことになりました。
お江戸日本橋亭にて午後1時から開演です。
できればネタ卸しの会にしたいと思います。
今きちんとした場所で勉強会をやる二つ目が少ないです。
年に十席ネタ卸しをしているのは稀のよう。
貸席で一回に二席ネタ卸しして、年に四回やれば8席ネタが増えることになりまさぁな。
どうも、勉強会やらずともネタが増えるだろうと思ってる人が多いようです。
グループで会をやったり、地方でひっそりと勉強会やるのもいいんですが、やはり都内の一般のお客さんがお見えになる会場で年に最低4回やるのがいいでしょう。
後輩たちと絡む勉強会は今度の門弟の会(一門道・仮題)と「御徒町ダイヤモンド路線」。
それ以上はあたしも手が回りません。
その他の若手が伸びるには、あとはお客さまの叱咤激励しかありません。応援とヨイショもね。
これが一番利きます。
芸人は師匠や先輩のアドバイスより、お客さんのシリアスな直截お金や生活にむすびつくご意見にイチコロのところありますです。
とにかく4/29の一門会、しっかりとやっていきますのでどうぞよろしくお願い致します。
歯は大事にしなくちゃいけません。
今んとこ虫歯は全部治療を終えたので、きのうは半年ぶりの定期検診にまいりました。
毎回お医者さんに奥歯をきちんと磨きなさいと言われます。
奥歯が磨かれていないらしいのです。
私は言われたとおり奥歯を磨いています。
奥歯しか磨いていないといってもいいくらい時間かけます。
だいたい5~10分。
それでも磨けていないらしい。
歯垢などもすぐにたまってしまう。
私は歯ブラシを2種類使い、歯間ブラシを2種類使い、その上フロスを使う。
なのに歯は汚れていくのです。
食べている物がいけないのか。
歯磨きのおかげなのか、虫歯にはなってません。でも、いつなるかという不安が付纏います。
歯がちゃんと磨けていないんですから。
歯の掃除をしてくれるサカナを口の中に飼っといたらいいのだろうか。
昨日は大寒でした。
雪は結局降らなかったですね。

千葉の区役所裏にある海鮮居酒屋・こだわりやさんへ打ち合わせに行って来ました。
年に四回、落語会を催していただけることになりました。
第一回は3月15日の夜です。
毎月第3土曜日にイベントを開催するそうです。
圓馬の落語会は3/15・6/21・9/20いずれも18:30開演です。
定員制なので予約が必要です。
詳細はスケジュール欄をご覧下さい。

打ち合わせの帰りに与三郎の豆で塩豆、とらやで焼大福を買い求めました。
家で食べたら馬鹿ウマ。熊本の香露大吟醸をこれをつまみにいただきやした。

正月に家で飲んだ酒は手取川の純米吟醸と、この香露でやんす。
滝野川文化会館で「子どものための新春おもしろ寄席」。
落語教室の生徒ふたりが前座をつとめます。
午前中は会場を落語教室のためにお借りして、生徒たちにみっちりリハーサルしてもらいました。今までで一番広い会場なので、声の出し方や所作、かみしもの振り方をアドバイス。
午後に本番を迎えます。開場すると満員のお客さまが詰め掛けました。
いざ開演となると生徒たちは実に堂々としたもの。
客席の反応もだいぶいいようです。
昇美依さんにつづいて、今丸師匠の紙切り。
そして私がトリをつとめました。
本日は大変に結構な催しだったように思います。お客さまの反響もよろしいようです。
助てくれた昇美依さん今丸師匠ありがとうございます。
そして生徒ふたりは本当によく頑張ってくれました。

終演後、勉強会の打ち合わせをするため、昇美依を誘って飲食店に行こうとしたら、上中里駅前は何もない!
仕方なく彷徨い歩くうち、都電の梶原駅のほうに来てしまった。
この辺も寂しい。古いし時代が止まってしまっていた。
三丁目の夕日はここにもあった。
昨日はお稽古をしていただいて、本日は毎年恒例の神田は鳥つねさんでの会。
幻の日本酒を飲む会主催、新年艶笑噺の会。
昨年よりお客さんおおぜいで有り難いです。

今回は鳴り物入り芝居噺の形です。
落語の後は宴会。
この日は雪中梅の吟醸、特別本醸造、本醸造、普通酒といただきました。
締めの親子丼で、もう満腹の夜でやんした。
20080117235337
昨日は藪入りでしたが、今日からは落語講座。花伝亭落語講座・初級コースの講師を初めてつとめてきました。
受講生は20名ほど。
サラリーマンの方、ご商売の方、定年を迎えた方、若い男性女性、お子さんと年齢層は幅広いです。
皆さん真剣なまなざし。三月の発表会に向けて、3か月勉強して行きます。
次回は一人3分間、高座に上がっておしゃべりしてもらいます。
そして全員の高座名も決まります。
受講生の皆様は楽しみしていて下さい。

昨日は小正月。寒い日がつづきますが、過去を遡ればこの冬も平均2℃ほど暖いそうです。
19日にしばらくやらないネタをかけるので準備してます。
間空いちゃうと、以前演じた根多でもほとんど忘れてしまってます。
苦労して覚えても、忘れるのはアッと言う間。
哀しいことです。

明日は花伝舎の落語講座に講師として初めて参加。
北区の落語教室は小学生から高校生までが対象ですが、こちらは一般向け。
覚える苦労と、忘れてしまう哀しさを体験いただきます。

柏落語の会長さんご夫妻、スタッフの方々を初詣でにご案内。
王子稲荷に参りました。本殿を参拝ののち、願掛けの石をご案内。
石を持ち上げることによって、その願いが叶うかわかると言われております。
皆さん思ったように持ち上がらなかったりして悲喜こもごも。
帰りくず餅の名店に寄り一休み。
ところてんと久寿餅をいただきやした。
ところてんで軽く一杯といきたかったんですが、生憎お酒はおいておりません。

今日は成人の日
晴れ着姿を随分見掛けて、こちらも晴れがましい気分になるもんです。
だけど普段着物を着る私の意見としては、みんなが一様にショールをしているのはどうなのかと思います。

20080113212044
本日は、今年第一回目の柏落語会。
錦之輔・可龍二人会。
お寒い中を大勢のお客様にご来場いただきました。
ただいま昇り調子の二人は、年明けから忙しく、あちらこちらに引張り凧。
彼等の師匠が言うには「糸が切れて、帰ぇって来やしねえ」とのこと。
なによりです。

今日もご来場のお客さまがたには、大変喜んでいただきました。
初笑いの落語会は大成功。
次回は神楽さんと立川松幸さんです。
あたくしは3月9日(日)に出演します。
午後2時開演。
木戸銭1300円。安いねぇ。破格!
前座・橘ノ美香

お囃子・稲葉千秋社中

お問い合わせは
たんぽぽセンター
04-7160-1239

20080113113103
12日の夜は下北沢。
北沢タウンホール12階スカイサロンにて独演会。
世田谷区主催の「おとなのオフタイム」のタイトルで初笑い圓馬落語会。
12階からの夜景がなんとも素晴らしい会場。
お客さまも、よく落語を知っていらっしゃるようで、とてもいい雰囲気の中おしゃべりをさせていただきやした。

今回はホームページに情報を載せていませんでしが、たくさんのお客さまにご来場いただきまして大変うれしく思っております。

次回また機会がありましたら出演させていただきます。
そのときにはホームページにてご案内致しますので、よろしくお願い致します。

写真は会場を写したものなんですが、スポッとライトの光量で高座が白くなってしまいました。

20080111181035
今日から寄席は二之席になります。
私は明日、落語会があるので準備をしております。
新年初の独演会。
緊張いたします。
その次の日、13日は柏落語会。
私は出演しませんが、プロデューサーとして新年のご挨拶を致します。
錦之輔さんと可龍さんの二人会。
面白い組み合わせでしょ。
私も今から楽しみなのです。

今日は夕景より散歩しまして、おやつをいただきやした。
しかしボリュームあり過ぎか?
20080110190653
いよいよ初席も今日でおしまい。
新宿も池袋もよく入っていた。いい雰囲気です。今年は「からぬけ」を一度もかけなかった。このネタは時間がないとき本当に調法だ。
逃げ話でもある。
初席では必ずかけていたけど、今年から出番も深くなり時間も多少ゆとりあるから他の噺をきちんとやった。
逃げ話にたよらなかったことが大きな進歩。

池袋の出番を終えて、昼飯のせてカフェへ。
また楽屋に戻り、副会長に新年のご挨拶をしやした。

一月の寄席はこれで出番なし。二十日以上出ないでしょう。
あんまり間が空くと、次出たとき勘を取り戻すの大変なんだなこりゃ。
かと言って寄席ばかり出るという訳にもいかないし。
難しいよ。

20080109180341
年賀状書きがなかなか終らない。長い道程。
毎年の行だ。
なんとか目処がたちそう。

寄席は明日で出番お終い。
今月はもう寄席出演はありませんよー。
二月はまだわかりません。

千葉駅前の以前お世話になりました和食料理屋さんで、また落語会を開催したいとのご連絡いただきました。
今月中に打ち合わせをします。
千葉PARCOの裏手にあります和風モダンなお店。人気店です。
お店はこじんまりとした感じなので、高座を置くと40名ほどしか入れないのではないかと思います。
したがって、人数限定の予約制になりそう。
高崎の駅前寄席も40人限定だから、ほぼ同じくらい。
まぢかで聴けるから大変贅沢なんですが、距離が近いだけに演者も隙を見せられない。緊張感ありますなあ。
どのようなイベントになるか楽しみ。
それにしても落語ファンが増えた。
春から縁起のいいことであります。

年賀状書いてます。
遅い。けど例年より少しペース早い。
今日は寄席出番ないから時間費やせます。
以前は版画で賀状をつくったことあったけど、あれは難儀した。
一枚の版木で千枚近く刷る。無茶なはなしだ。
二年やってめげた。

宛名書きができるのも今年で終わりかも。
今はプリンターが宛名を印刷してくれる時代。
味気ないけど仕方ないか。
独演会の案内もプリント印刷になるかもしれませんが、どうかよろしくお願い致します。

年明けて連日お酒やお料理をいただいていると、さすがに胃がくたびれてきます。
七草粥というのは本当にうまいことできてます。寄席の他、落語会もつづくので体調整えまして臨みたいと思います。
20080107162853
休み明けとはいえ寄席の入り具合はよろしいようで。
新宿も池袋もいい雰囲気でした。
近頃、昭和30年代に凝っていらっしゃるある師匠は子どもの頃、授業でカエルの解剖があったんだそうで。
東京ではあまり聞いたことのない話。第一カエルが身近にいないから、それはきっと地域限定の授業じゃないかと申し上げたらひっくり返っておりました。
UFOのよく出る土地なんで、動物の解剖もきっと何か関連があるのではと考えております。

池袋に行ったら珍しく新真打ちにお会いする。
しばし四方山ばなし。
聞けば何年も飼っていたモモンガがみんな死んでしまったんだそうだ。
大きなカゴだけが残り、さびしいということです。
今日は動物の話を随分聞いた日でした。

20080106154910
落語教室を終えて、午後からは地元の神社に初詣にまいります。
毎年二つの神社をお参りしたあとご祈祷していただき心身共に浄められる一日。
この日はつましく過ごすのかと思いきや、帰りに中華飯店に寄り大食い。少し歩かなくちゃ。

20080106125046
今日は今年第一回目の落語教室。
生徒たちは休みの間、お正月を満喫した様子。
御雑煮を食べたり、テレビを見たり、ゲームやったり、宿題なんぞもして落語も少し稽古していてくれたようだ。
次回20日が滝野川会館大ホールでの「子どものための新春おもしろ寄席」に出演する日。
初舞台は踏んでいるから、どうもゆとりがあるようで頼もしいというかなんというか。
うまいこと当日までに仕上げてくることでしょう。
20080105172511
昨日で寄席での福袋は完売!
スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。
誠によござんした。
ホッとしました。
やっとまつりが終わったようです。
今年もしおまつりやるなら、グッズ製作は見直さなくちゃいけませんな。なにしろおまつりで売れなかった。
普通の企業ならとっくにみんな馘か左遷されていることでしょう。
福袋を御買い上げいただいたお客さまがたにも感謝感謝感謝です。
そしてご満足いただけることを祈るような気持ちです。一件返品もありましたので。

昨日は新宿、池袋、上野と行きました。
どこも満員盛況。明日までは続くようです。
私の出番は7日と10日。新宿と池袋です。
御遊びにお出かけ下さい。
今晩はイクラ丼をたらふくいただいて、明日は落語教室、新年の授業開始。
20080104170458
三日は恒例、圓一門の新年会です。
今年は鴨鍋と牡蠣鍋。
それぞれ五杯ずつ食べます。(ノルマ)
ビールと酒・焼酎をぐいぐいとやって花札大会。毎年ローカル岡先生が参加して盛上るんですが、亡くなってしまったのでちとさびしいです。
だいたいさんざっぱら飲んだり食べたりしてるので、勝負ごとに集中できるような状況になりません。
昨年あたりからは、花札を早めに切り上げてビンゴ大会になるんですが、これもちっとも当たらない。
変に当たって今年の運気を使うよりも当たらないほうが正解かも。

最終電車とタクシーで帰って寝て、今日は寄席三軒を掛け持ち。
眠たくなってきちゃったなぁ。

20080102212436
あさ御雑煮をもりもり食べて、新宿末廣亭に。
今日は出番なし。
中入りで福袋を売ります。
昼席の一部と二部でたくさん御買い上げいただきました。
誠にありがとうございます。
三が日が勝負。
明日は鯉朝さんまねき猫さん、平治兄らが売り歩きます。
買って下さ~い。

いゃ~、今日はくたびれた。
途中で年賀状書きに、私の止まり木タリーズコーヒーに行ったらまだ正月休み。
それから店さがしたらどこも満員で順番待ち!
しかたないから何年がぶりに3丁目町内にある昭和テイスト溢れる大型喫茶に行きました。
全席禁煙になっていて、願ったりかなったり。
それからコーヒー店はしごして俳句を書いたりなんぞして、また寄席に戻って中売りしたりの一日。
それにしても今日の新宿の街はすんごい人でした。どうしちゃったんだろか。

20080101191255
元日は新宿末廣亭を振出に、池袋演芸場と上野広小路亭の三軒。
初日ながらどこも満員。新宿は立ち見だった。
福袋も随分売れたようです。
取りあえずホッとしました。
明日は私が中売りやりますので、どうぞよろしくお願い致します。
買ってちょ~だい。
20080101163312
皆様、明けましておめでとうございます。
平成も今年で二十歳。
早い!年取るわけだ。

元日はまず師匠宅に新年のご挨拶。
雑煮、おせちをたらふくご馳走になります。
たくさん食べなきゃいけない一門の掟。
餅は五ついただきました。年々食べられなくなります。
明るく陽気な新年を迎えることができ、とてもうれしいです。
朝、富士山見たら、雪が積もったらしく、随分大きくなってました。
兄弟弟子たちも去年より大きくなっているようでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。