◎ばぶばぶ×ぴ~す ◎

   さあ、みなさんご一緒にぃ!! 「ばぶばぶっ、ぴぃっーーーす!」

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 | 2017/08 | 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
今日から新宿中席、夜の部出演です。
今席は池袋の披露興行にも出ます。
昼間は花伝舎の落語体験講座に行きました。
スポンサーサイト
20080205232714.jpg

新宿で打ち合わせ。
4月29日、圓門弟勉強会のミーティングを新宿は某喫茶店にて行いました。
兄弟弟子の昇美依と圓満を呼んで、ネタについて話し合い。
各自、落語事典を持参してどんな噺をやるか考えること二時間。
前座も妹弟子の美香に決定。決定っていうほどでもないか。
ゲストもなく落語のみなので、ひとりの持ち時間もたっぷりあります。
お客さんを逸らさないような演題を考えなきゃなりませんす。
どーなるのか?楽しみでもあります。
タイトルは一応「まどか部屋一門道!」にしやした。
皆様どうぞよろしくお願いいたします。
20080205181704
宮元落語会の打ち上げは、氏子神の天祖神社社務所で行います。
こちら四月にお祭りも開催されますよ。

さて打ち上げというか、慰労会のメニューは会席料理のお弁当。
なかなかGOOD!!
お酒はビールのほかに焼酎の2リットル入りペットボトル。
うわぁ!苦手なんだなあ~。
飲み過ぎるとアタマの後頭部に残っちゃうんです。
でも四五杯お湯割りでいただいちゃいました。
ちょっといい気持ちになっちゃいましたね。
明くる日頭に残るかと思ったら意外やスッキリ!
こういうお酒も進化してるのですね。

早起きをして八潮の師匠宅に上海土産を届けにまいりました。
着いたら水元公園脇のとんかつ屋に連れてってくれました。
ここの店は地元で有名。
味もさることながら、なにしろボリュームがすごい。
その上、ご飯のおかわりが自由で各席に一台づつ炊飯器が設置されてます。
お腹一杯満腹地獄になったあとは師匠んちの前を雪掻きでやんす。
2月3日は節分でした。
この日は本駒込地域センターでの「宮元落語会」に出演です。
この日は朝から雪の悪天候。にもかかわらず大勢のお客様に御来場いただきました。
今年は会場が地下のホールになって三年目。
人気の会場なので希望日がなかなかおさえられず、節分と重なってしまったそうです。
それならと、終演後に豆まきをやることに。
仕度してまいりました手拭い、お菓子をまいたところお客様がた大喜び。
年に一度の落語会なので、皆さん来年が待ち遠しいと家路につかれたようです。
ありがたいことでございます。
次回もパワーアップいたしましてお会いしたいと思います。
20080204152916
「2月2日は柳太郎の会に呼ばれました。
江戸本髷民も出演。
「宿屋の富」の解説をばいたしんした。
富の開かれるのが椙ノ森神社でやるのが小さん流。
志ん生は何故、湯島天神に変えたのか。
突き止めの千両富をなぜ一番はじめに読み上げるのか、その謎に迫りやした。
江戸本氏の迷解答に観客は大納得。んなわきゃないか。
前回がすべりまくった江戸本氏は新年を向かえ、心得るところがあったたのでしょう。
髷民節シュールワールドを大展開。
上海土産を豆まきと称して、お客に無理矢理プレゼント。
思いがけない幸運不運を味わうお客さまたちは、心温まって家路についたかどうかは知りません。

江戸本氏の今年の出演予定は、てなわけでありません。
暮れあたりにどこかに出るかもしれません。
お会い出来た方は超ラッキーだと言い切っておきましょう。
上田の公演は昨日のことです。
昨日の打ち上げでは、たくさんのお酒をいただきました。
あまり飲めないんですが、いろいろ味見させていただきました。
土地のお酒、喜久盛はこの日の料理にベストマッチ。
新潟新発田の〆張鶴純米吟醸は二ツ目のあの人に飲ましてあげたい。
七笑の純米吟醸は桜の花散る下で、毛氈なぞ敷いて朱塗りの盃でいただきたい。
お正月のお節料理や三々九度。神社での御神酒。
特別なセレモニーのとき、ほんのちょこっといただくような贅沢な味わいのお酒でした。
すうっとした喉越しに、ほんのわずかに残る辛み。
がぶがぶ呑むようなお酒じゃありません。
野沢菜やお焼きで飲むなら喜久盛の本醸造を常温でいただくのがよいと思いました。
けど信州は常温だとキンキンに冷えてるんだよねぇ。
なにしろビールが冷え過ぎるのを防止するため冷蔵庫に保管するそうです。
20080128014248
本日は鯉昇師匠のお誘いをいただきまして長野上田市にまいりました。
国際音楽村のホールこだまでの公演。
すべて木造りのホールは音響がなんとも素晴らしい。
鯉昇師匠とわたし。神田京子さん。前座鯉斗さん。
お囃子は千秋というメンバー。
はじめに寄席囃子百科を実演。
音がよくて雰囲気も盛り上がります。
夜は田沢温泉へ。
鯉昇師匠後援会の新年会にて寄席。
終えてから大広間にて大宴会す。
飲み過ぎました。
信州の方々は酒ツヨイよ!
泊まりもこちら富士屋ホテルさん。
ここのお湯がまたいいお湯でございます。〓
今度はプライベートでうかがいたいと思います。
本日は浜松町の自由劇場にお芝居見物にまいりました。
劇団四季のハムレットを観劇して感激でやんす。
知り合いの俳優さんであります坂本岳大さんがレイアーティーズを演じお見事。
あたくしハムレットはなんべんも見てるんですが、筋を相当忘れてます。
この日も途中まで、ハムレットってこんなはなしだったかなと思い、気が付いたら「ロミオとジュリエット」と頭ん中でごっちゃんなってましたわ。

帰りに秋葉に寄り携帯の機種変更。ちょっと失敗したかなあ。使いづらいす!
20080125235310
昨日は司牡丹純米吟醸土佐宇宙酒をいただきやんした。
ソユーズロケットに乗って地球を周回した、高知の酵母を造ったお酒だそうです。
ちょっと冷たい感じで、あっさりとした飲み応え。
土佐っ子は、この味を好むのかなと考えながら宇宙に思いを馳せる夜。
肴はなにが合うかと、月山の赤蕪漬け、赤にし貝のつぼやき、雲丹の佃煮を並べて飲み比べ。
結果、雲丹が一番合いました。
雲丹と宇宙、つながりがあるのかも。
宇宙生命体のような形をしてますしね。宇宙生命体見たことないけど…

今日はまた、新しい落語会の打ち合わせ。
虎ノ門のショット・バー「赤バス」での公演が決定しました。
4月12日(土)、17:30くらいから始まります。
入場料はまだ決まっておりませんが、アルコールorソフトドリンクが付くそうです。
それもかなり。
毎月開催のジャズライヴでは飲み放題なんだそうです。経営だいじょぶか~!
落語とお酒好きにはたまりませんな。
詳細はまた後日お知らせいたします。
取りあえずはスケジュールをご参照下さいませ。

4月29日昭和の日に兄弟弟子で勉強会を行うことになりました。
お江戸日本橋亭にて午後1時から開演です。
できればネタ卸しの会にしたいと思います。
今きちんとした場所で勉強会をやる二つ目が少ないです。
年に十席ネタ卸しをしているのは稀のよう。
貸席で一回に二席ネタ卸しして、年に四回やれば8席ネタが増えることになりまさぁな。
どうも、勉強会やらずともネタが増えるだろうと思ってる人が多いようです。
グループで会をやったり、地方でひっそりと勉強会やるのもいいんですが、やはり都内の一般のお客さんがお見えになる会場で年に最低4回やるのがいいでしょう。
後輩たちと絡む勉強会は今度の門弟の会(一門道・仮題)と「御徒町ダイヤモンド路線」。
それ以上はあたしも手が回りません。
その他の若手が伸びるには、あとはお客さまの叱咤激励しかありません。応援とヨイショもね。
これが一番利きます。
芸人は師匠や先輩のアドバイスより、お客さんのシリアスな直截お金や生活にむすびつくご意見にイチコロのところありますです。
とにかく4/29の一門会、しっかりとやっていきますのでどうぞよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。